スポンサーリンク

 

クランクとチェーンリングの洗浄のしかたです。

まず、ウエスにパーツクリーナーを吹きかけてから、(クランクの)裏面を磨いていきます。(クランクを逆回転させながら)

 

外から見える部分の汚れは、このように手で届く範囲は(ウエスで)磨いていくことができます。

 

間の汚れがひどい時などは、ウエスを半分に折った状態で、アウターのチェーンリングとインナーのチェーンリングの間に入れながら、このように(左右に動かし)磨いていきます。

 

あるいは、ブラシを使って裏から汚れをかき出していくと言う方法もあります。

 

汚れをかき出したら、再び表面の部分は手が届く範囲で磨いていきましょう。

 

 

インナーが終わったら、アウターです。

 

チェーンの位置を(アウターからインナーへ)変速させて移動させます。

 

(インナーと)同じくウエスにパーツクリーナーをかけて、(アウターリングの)表面の汚れを拭き取っていきます。

 

(歯と歯の)間の汚れがひどい時は、このように一コマ一コマ汚れを落としていきましょう。

 

クランクに関しては、通常は表面の汚れを落とすような形で磨いていけば問題ありません。

 

 

また、ペダルですが、軸の中にオイルが入っているので、直接パーツクリーナーなどはつけないようにしながら、軸の部分はキレイに(ウエスを差し込んで)汚れを落としていきます。

 

以上で完了です。

 

 

スポンサーリンク