スポンサーリンク

 

カセットスプロケットのクリーニングのしかたです。

パーツクリーナーは、この(ハブ)軸に中に入れてしまうと、中のグリスを溶かし出してしまう恐れがありますので、直接吹きかけないようにしましょう。

 

まず、ウエスにパーツクリーナーを吹きかけます。

 

それを半分に折った状態で、歯の間に入れていきます。

 

左右に動かすだけで汚れが取れていくので、これを格段毎に繰り返していきます。

 

汚れがひどい時などは、少し折りたたむなどして進めて行きましょう。

 

また、さらに汚れがひどい時はこういった工具(ギアクリーンブラシ)を使って、汚れをかき出す方法もあります。

 

また反対側のブラシで、汚れを落として行く事もできます。

 

基本的には、こういったウエスを使う事で、極端な汚れ以外はキレイに拭き取る事ができるので、これで全段繰り返していきます。

 

歯の間の汚れが気になる場合などは、一山一山(ウエスで)汚れを拭き取っていきます。

 

基本的に、これで全段キレイに出来上がったならば、完了です。

 

 

スポンサーリンク