スポンサーリンク

今回は、スプロケット(リアギア)交換の仕方です。

準備するもの(工具)は「スプロケット固定工具」「ロックリング締め付け工具(シマノ用)」「プロソケット大型のモンキーレンチでも代用可)」

まずは、リアホイールを外しクイックリリースを抜き取ります。

 

チェーンのついた工具(スプロケット固定工具)をスプロケットの大きい歯に取り付けます(引っかけます)。

(スプロケット固定工具を)逆に取りつけると、スプロケットが回転してしまい、固定できません。

(PEDORO`Sから出ているバイスホイップを使うと、もっと楽です)

 

プロソケット(大型モンキーレンチでも可)にロックリング取り外し工具をセットします。

プロソケット(ロックリング取り外し工具)をロックリングにはめます。(スプロケットを固定している、ロックリングの溝にそってはめます)

 

左手でスプロケットを固定し、右手でロックリングをゆるめます。

(力を込めて)グリッと回します。(ロックリング取り外し工具を反時計回りに回し、ロックリングをゆるめます)

ある程度ゆるんだら、手で取り外していきます。(ある程度ゆるめると、あとは手でゆるめて外す事ができます)

スプロケットを取り外します。

 

(スプロケットがはまっていた部分は、フリーハブボディと呼びます。フリーハブボディには溝があり、その溝に沿ってスプロケットをはめていきます)

(ちなみに、溝の形状はシマノとカンパニョーロで異なりますので注意しましょう)

(溝に合わせて)新しいスプロケットを取り付けていきます。(新しいスプロケットを溝に合わせてはめ込みます)

 

残りの歯も溝の形状に注意しましょう。(残りの歯も溝に注意しながらはめます)

 

ロックリングをセットして、手で軽く締めます。(スプロケットを固定するため、ロックリングをセットします)

締める時はチェーンのついた工具(スプロケット固定工具)は必要ありません。

 

先程使用したプロソケット(ロックリング取り外し工具)をロックリングにセットし、左手で「グリッ」と締め込みます。(時計回りに締め込めば、右手でも構いません)

 

これで完了です。(正しく装着されているか、回転を確認して完了です)

 

今回は、特有の工具を使ったメンテナンスでしたが、ロックリング取り外し工具、スプロケットはシマノとカンパニョーロではタイプが異なりますので、注意して下さい。

 

 

では、今回も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク