スポンサーリンク

 

やさしいメンテナンス! リアディレーラー調整の仕方。

今回は、シマノリアディレーラーの調整の方法をご紹介いたします。

 

準備する工具は、プラスドライバーのみ!

 

 

まず、チェーンが一番外側(トップ側)に来るように、右側のシフトレバーを「カチカチ」と押します。

 

(クランクを回し、チェーンを一番外側に移動させます)

 

 

(チェーンが)一番外側に来たことを確認します。

 

リアディレーラーのアーム部分が、一番外側のギアより出ていないか確認します

 

出ている場合はリアディレーラーの「H」と書いてあるボルトを締めていきます。

 

逆に内側に入ってしまっている場合は、ゆるめていきます。

 

 

外側のギアと(アーム部分が)一直線になるようにします。

 

 

 

次に、チェーンを一番内側のギア(ローギア)に来るようにシフトレバーを調節します。

 

外側のギアと同様に、チェーンがギアと一直線になっているかを確認します。

 

ずれている場合は「L」と書いてあるボルトで調整します。

 

ギアより外側に来ている場合はボルトを締め、内側の場合はゆるめます。

 

このときアームがスポーク側に来ていると、アームがスポークに巻き込まれ非常に危険です。

 

また、巻き込まれるとディレーラーハンガー折れの原因にもなりますので注意しましょう。

 

どうしても分からなければ、お店へ相談しましょう。

 

 

 

両端の調整ができたら、次はギアの一番小さいものから2番目のギアにチェーンを合わせます。

 

シマノの場合、2枚目のギアで変速調整を行います。

 

 

シフトレバーを2枚目のギアに合わせます。

 

シフトレバーを半押し状態にし、3枚目のギアに少し擦れる状態に調節するのがベストです。

 

変速してしまったら、ダメです!

 

3枚目に変速してしまう場合は、NGです。

 

この時は、シフトワイヤーの(引きが強すぎるので)調整ボルトを時計回りに回して調整します。

 

 

シフトレバーを半押しの状態で、3枚目のギアに擦らない場合は(ワイヤーの引きが弱いので)調整ボルトを反時計回りに回して調整します。

 

調整して行きます・・・!

 

 

一度調整したら、クランクを回しながらシフトチェンジを繰り返し、スムーズに変速するか確認します。

 

 

スムーズに変速できたら、完成です!!!

 

 

今回もいつもの交換メンテではなく、より快適に乗るための微調整メンテでしたね。

 

分からない場合には無理をせず、お店の人に訊きましょう。

 

 

スポンサーリンク