スポンサーリンク

電動デュラエースインプレッション!

 

ナレーション:2009年、ロードレース界を席巻したシマノのコンポーネント「DURA-ACE 7970」通称「電動デュラエース!」

その画期的なシステムを徹底解剖します。

 

阿部:はい、シマノレーシングチームのプレイングコーチをしています阿部良之です、よろしくお願いします。

 

ナレーション:今回は、ヨーロッパでのレース経験豊富な阿部選手に解説して頂きます。

 

【デュアルコントロールレバー】

阿部:ではまず、デュアルコントロールレバーから説明させて頂きます。

このデュアルコントロールレバーは、これまでの機械式(ワイヤード)の変速デュアルコントロールレバーに対して、中に機械が入る事が無くなったので、かなり小型化されています。

 

そして変速レバーですけれども、これまでストロークが気になっていたんですけれども、電動と言う事でスイッチ一つで変速ができる状態になっています。

 

ナレーション:シフトレバーを内側へ押し込む従来の機械式から電気式に変わった事により、指先一つでシフトチェンジが可能になりました。

坂道、スプリント時など細かく素早い動作が求められる際、ストレスなくシフトチェンジが行えます。

更にハンドル(ブラケット)カバーの下にはアジャストボルトがあり、これを調整する事でブレーキレバーまでの距離を変化させる事が可能になりました。

 

※リーチアジャスト機能
その人の手の大きさに合わせた、握りやすい位置に持って来ることができます。

 

 

【リアディレイラ―】
阿部:それでは、リアディレイラ―の説明をします。

このリアディレイラ―は電動と言う事で、バッテリーで動くようになっていますが、変速調整も自動でやる事になっています。

 

スイッチで変速する事が可能ですので、スムーズでストレスなく変速完了する事ができます。

 

ナレーション:プログラミングされたCPUとモーターが内蔵されているリアディレイラ―!

 

チェーン落ちが圧倒的に少なく、素早く安定した変速を実現しました。

 

更に落車などで外部から強い衝撃を受けても、セイバー機能が働き自動でシステムが修復します。

 

 

【フロントディレイラ―】
阿部:では、フロントディレイラ―の説明です。

 

フロント変速と言うのは元々かなり大きい力が必要になるんですけれども、電動でスイッチ一つで簡単にストレスなく変速を完了する事ができます。

リアディレイラ―が動くことで、トリム調整をしなければならないんですけれども、それを高性能のCPUと電動と言う機能を使って自動的にトリム調整をしてもらう事ができると・・・。

 

ナレーション:フロントディレイラ―はペダルを強く踏み込んでいる際にも指先の軽いタッチで変速ができ、またワイヤーの抵抗や伸びなどの状況にも左右されず、性格無比な変速を可能にしています。

 

更に、リアのギア位置に応じてフロントのガイドプレートが自動的に移動する「オートトリム機能」を搭載!

チェーンがクロスした場合に起きる事のあったプレートへの干渉が100%解消されました。

 

指先一つでシフトチェンジを可能にした「デュアルコントロールレバー」

 

CPUに制御され、素早く安定した変速を実現した「リアディレイラ―」

 

どんな状況下でもレスポンス良く、正確無比な変速を可能にした「フロントディレイラ―」

 

全てのパーツが極限まで軽量化され、それぞれの機能が連動し、走行時のあらゆる動作をストレスフリーにしました。

 

最速で究極の走りを提供する画期的なコンポーネント!

 

それが電動デュラエースなのです。

 

阿部:この電動デュラエース!

プロの走りを体感したい方はぜひ使ってみて下さい!!!

スポンサーリンク