スポンサーリンク

やさしいメンテナンス!

ブレーキワイヤーの交換方法【ロードバイク 編】

今回は、ロードバイクのブレーキワイヤーの交換をします。

使用する工具は、
1) 六角レンチ(アーレンキー)
2) ラジオペンチ
3) ワイヤーカッター
4) 棒やすり
5) 画鋲(千枚通しや細い針金でも良い)
です。

 

まずは、バーテープを剥がします。

 

ブレーキキャリパーに付いているレバーを起こして(シマノの場合)、ブレーキアーチを開いたら、六角レンチでブレーキワイヤーを止めているネジをゆるめ、ワイヤーを取り外します。

 

次にアウターケーブルを外しますが、ハンドルにテープなどで固定されている場合はカッターなどで切りましょう。

 

ブレーキレバーを握ると、ブレーキワイヤーのタイコ(丸い頭の部分)が見えますので、ラジオペンチなどを使って引き抜きます。

 

新しいワイヤーを用意します。

 

新しいワイヤーのアウターケーブルをワイヤーカッターでカットしますが、長さは前に付いていた物と同じにすると失敗がありません。

 

アウターケーブルをカットすると、断面がつぶれてしまうので画鋲や千枚通しなどの先が細い物を使ってケーブルのインナーチューブの穴の形を整えます。

 

さらに、カットした断面に段差があったりガタガタしている場合は棒やすりを使って平らに整えます。

 

ブレーキレバーにインナーワイヤーを通します。

この時、ステンレスやスチールなどのコーティングされていないワイヤーを使う時は、ワイヤーの表面に薄くシリコングリスを塗っておくと、ワイヤーの滑りが良くなりブレーキレバーの引きが軽くスムーズになります。

 

続いて、インナーワイヤーをアウターケーブルに通して、ブレーキレバーのブラケットにアウターケーブルを差し込みます。

アウターケーブルをハンドルに沿わせるようにビニールテープなどを使って固定します。(3か所程度)

 

ブレーキキャリパーにインナーワイヤーとアウターケーブルをセットしたら、ブレーキアーチを開いていたレバーを元に戻して、インナーワイヤーを六角レンチで取り付けます。

この時、ブレーキアーチを手で締め込んでリムにブレーキシューが当たっている状態にしてインナーワイヤーの取り付けを行います。

インナーワイヤーをしっかりとネジで固定したら、10回程度ブレーキレバーを思いっきり握り込んで、ワイヤーの初期伸びを取り除きます。

 

初期伸びを取ったら、余分なワイヤーをワイヤーカッターで切り落とし、インナーキャップを被せて固定します。

 

最後に、ハンドルにバーテープを巻いて終了です。

 

リアのブレーキも同様の作業を行って完了です。

 

スポンサーリンク