スポンサーリンク

やさしいメンテナンス!

シフトワイヤーの交換方法【ロードバイク・旧型シマノ 編】

今回は、ロードバイクのシフトワイヤーを交換します。

使用する工具は、
1) 六角レンチ(アーレンキー)
2) ラジオペンチ
3) ワイヤーカッター
4) 棒やすり
5) 画鋲(千枚通しや細い針金でも良い)
です。

 

まずは、チェーンを右のシフターで後ろのギアを一番重たい方(外側・トップギア)に入れておきます。

 

次に、左側のシフトレバーでチェーンを前のギア(チェーンリング)は軽い方(内側・インナーギア)に入れておきます。

 

チェーンの準備ができたら、リアディレーラーのインナーキャップを取り外します。

 

リアディレーラーのワイヤーを止めているボルトを六角レンチで緩めて、リアディレーラーからワイヤーを取り外します。

 

次に、シフトレバーからワイヤーを抜き取ります。

シフトレバーからワイヤーを抜き取ったら、アウターケーブルを引き抜いて取り外します。

後ろ側(チェーンステー)のアウターケーブルも取り外します。

 

新しいワイヤーを準備します。

新しいアウターケーブルをカットしますが、前についていたものと同じ長さにすると失敗がありません。

アウターケーブルをカットすると、断面がつぶれてしまうので画鋲や千枚通しなどの先が細い物を使ってケーブルのインナーチューブの穴の形を整えます。

さらに、カットした断面に段差があったりガタガタしている場合は棒やすりを使って平らに整えます。

 

アウターケーブルの両端にアウターキャップを取り付けます。

 

アウターケーブルをシフトレバーの横側とフレーム側(ダウンチューブ)の穴に差し込んで取り付けます。

ディレーラー側(チェーンステー)にもアウターケーブルを取り付けます。

 

続いて、インナーワイヤーをシフトレバー側から通します。

ワイヤーが通りずらい場合には、アウターケーブルを一旦取り外して通すとスムーズです。

この時、ステンレスやスチールなどのコーティングされていないワイヤーを使う時は、ワイヤーの表面に薄くシリコングリスを塗っておくと、ワイヤーの滑りが良くなりシフトワイヤーの動きが軽くスムーズになります。

 

フレームのダウンチューブ側まで通ったら、インナーワイヤーを引っ張ってシフトレバーに全て通します。

 

BB(ボトムブラケット)下にガイドがありますので、こちらを通すのを忘れないようにしましょう。

 

リアディレーラー側(チェーンステー)にもワイヤーが通せたら、ボルトを締め付けてインナーワイヤーをリアディレーラーに固定します。

余分なインナーワイヤーをワイヤーカッターでカットします。

カットしたインナーワイヤーにインナーキャップを取り付けます。

 

変速の調整を行います。

 

フロントディレーラーも同様の作業を行って完成です。

 

リアディレーラーの調整の仕方

フロントディレーラーの調整の仕方

スポンサーリンク