スポンサーリンク

やさしいメンテナンス、リムテープの交換方法!

今回はリムテープを交換します。

チューブやタイヤを交換する際、リムテープも交換しましょう。

 

使用する工具は、
1) マイナスドライバー
2) タイヤレバー
です。

 

まず始めに、タイヤの空気を抜きます。

ナット付きのチューブの場合は、ナットを取り外します。

タイヤの端にあるビードをリムの中心に落としていきます。

バルブを押し込みます。

 

タイヤレバーを使用し、タイヤを取り外します。

タイヤと一緒にチューブも取り外します。

古いリムテープを、マイナスドライバーなどを使って取り外します。

マイナスドライバーをリムテープに押し込む際には、リムを傷つけないように注意しましょう。

 

次に、新しいリムテープを用意します。

バルブ口からはめていきます。

バルブの穴とリムテープの穴を合わせます。

 

穴がズレないようにバルブ口にドライバーを差し込み、リムテープを固定する事がポイントです。

バルブ穴を中心に、左右均等に伸ばすように力を掛けながらリムテープをはめていきます。

バルブ口の反対側まで入れたら、とりあえず完了です。

 

最後にリムテープがねじれていないかを確認します。

もし、ねじれやズレなどを発見した時は、マイナスドライバーを使って正規の位置に戻します。

その際は、ドライバーによってリムとリムテープや手を傷つけないように注意して行うように行いましょう。

 

最後にタイヤとチューブを元に戻して完了です。

 

ちなみに、リムテープには16mmと18mmの2種類あります。

リムによって合うサイズが変わりますので、リムの内側の幅を確認して行うようにしましょう。

 

なお、ドライバーや工具等を使う際には、リムや手を傷つけないように十分注意しましょう。

スポンサーリンク