スポンサーリンク

やさしいメンテナンス

車輪の着脱方法【ディスクブレーキ編】

車輪を外す前に、あなたの自転車に装着されているブレーキの種類を確認しましょう。

MTBとクロスバイクで使用されているブレーキは、大きく分けて2種類。

「Vブレーキ」か、「ディスクブレーキ」。

今回は、「ディスクブレーキ」のついている車輪の着脱に挑戦します。

自転車を逆さまに立てて作業すると楽です。

まずは、フロント(前輪)の外し方から。

まずは、前輪のクイックリリースのレバーを開いて緩めましょう。

1) レバーを開きます。
2) レバーと反対側のナットを回して緩めます。

フロントフォークの先端は脱輪防止の爪(引っ掛かり)のようになっています。

この爪に引っ掛からない程度に緩めます。

抜き取ってしまう必要はありません。

片手でフォークを押さえ、もう片方の手で前輪を持ち上げて車輪を外します。

これで前輪を外す事ができました。

 

※注意事項
ディスク(円盤部分)を外した状態で、絶対にブレーキレバーを引かないで下さい。

特に油圧式のものは、パッドが戻らなく場合があります。

 

次に、取り付け方です。

フォークの先端の爪(溝)に前輪の軸をはめ込みます。

ディスク(円盤部分)を、ブレーキ本体のパッドの間に合わせてはめ込みましょう。

クイックリリースレバーと反対側のナットを回して締めて行きます。

適度に締めたら、最後にクイックリリースレバーを手のひら全体を使って閉じます。

この時、少し手のひらが痛いくらいが締める目安です。

 

※注意事項
ナットを締めすぎると、クイックリリースレバーが閉じれなくなってしまいます。

また、クイックリリースレバーの向きは、下を向いたりしないように閉じて下さい。

車輪をフォークに装着したら、車輪を回転させて問題が無いかチェックします。

何かに触れる音や、車輪の回転がスムーズでない場合は要チェックです。

ディスクがきちんとはまっていない可能性がありますので、その場合は再度装着の工程をやり直してください。

 

続いては、リア(後輪)の外し方です。

まずは、後ろのギアをトップ(外側の小さいギア)に入れます。

ペダルを回しながら、シフターを操作してトップギアに入れて下さい。

クイックリリースレバーを開いて緩めます。

リアディレーラーのアーム部分を引き上げながら、後輪を持ち上げて外します。

これで後輪を外す事ができました。

このように、リアのギアがトップの位置にあると作業がしやすくなります。

 

※注意事項
リアのギアがロー(一番大きいギア)側にチェーンがあると、ディレーラーに引っ掛かり車輪が外れにくくなってしまいます。

後輪を外す時は、必ずトップギアに入れるようにしましょう。

また、外した車輪のディスクを雑に扱うと曲がってしまうので注意しましょう。

 

続いて、後輪の取り付け方です。

リアディレーラーはトップの状態ですので、一番外側の小さい歯にチェーンを乗せます。

リアディレーラーのアーム部分を持ち上げながら、リアエンド先端の爪(溝)部分に車輪のシャフトをはめます。

この時、ディスク部分がブレーキ本体のパッドの間にきちんとはまっているか確認しましょう。

正しくはまっていたら、クイックリリースレバーの向きに注意して閉じましょう。

前輪同様に後輪を回転させ、何かに触れる音や、車輪の回転がスムーズでない場合は要チェックです。

何も問題が無ければ、これで取り付けは完了です。

スポンサーリンク