スポンサーリンク

やさしいメンテナンス!【チェーン交換の仕方】

今回は、チェーン交換の仕方です。

 

準備するものは、チェーンカッター交換用チェーンです。

 

 

まずは自転車を(メンテナンス用)スタンドにセットします。

チェーン交換をする時は、フロントギアを内側(インナー)、リアギアを外側(トップギア)にすると作業がしやすくなります。

チェーンを切るにはチェーンのピンにチェーンカッターの軸をあてます。(この時、チェーンをチェーンリングから外して、たるませた状態にしておくと、チェーンが切れた時にリアディレーラーにチェーンが引っ張られて弾けないので安全に作業できます)

チェーンカッターのハンドルを回して締め込んでいくと、ピンが押し出されチェーンを切る(外す)事ができます。

ハンドルを反対に回して緩めると、チェーンが切れています。

 

新しいチェーンを用意します。

通常は古いチェーンに長さを合わせますが、新しくチェーンを組み付ける場合は、前ギア(チェーンリング)、後ろギア(スプロケット)共に一番大きいギアにチェーンをあてます。

この時、リアディレーラーは一番大きいギア(ローギア)側に来るように設定しておきます。

リアディレーラーにチェーンを通します。

この時、指を怪我しないように気を付けましょう。

チェーンを通し、ギアにチェーンを掛けた状態でチェーンの両端を引っ張り、リアディレーラーのアーム部分が地面に対して垂直になるくらいに合わせます。

 

後ろにサスペンションがある自転車の場合は、1コマ分余分につなぎ合わせましょう。

サスペンションの機構によってはチェーンが引っ張られますので、余裕を持って取り付けましょう。

 

チェーンの余った部分は、先程と同じようにチェーンカッターでカットします。(手順は最初と同じです)

この時、チェーンの両端がアウターリンクどうしやインナーリンクどうしになってしまうとチェーンがつなげませんので、必ずアウター・インナーの組み合わせになるようにして下さい。

チェーンのリンクを重ね合わせて、新しいピンのガイド部分を差し込みます。(新しいピンには先端が細くなったガイドが付いています)

 

チェーンカッターの軸の部分をピンに当てます。

チェーンカッターのハンドルを回して締め込み、ピンを押し込んで行きます。(ピンには段差があり、段差がカチッとはまるところまで入れます)

この時ピンを差し込み過ぎると、チェーンの動きが悪くなったり、最悪チェーンが外れてしまう可能性がありますので注意しましょう。

ピンを押し込んだら、反対側からピンのガイド部分が飛び出てきますので、飛び出た部分はチェーンカッターの穴に差し込んで折ります。(ペンチやプライヤーなどを使ってもOKです)

 

折ったガイド部分は使いませんので、廃棄して下さい。

 

チェーンを上から見て、ピンが偏っていないか確認します。

新しく繫ぎあわせた部分は動きが渋くなっていますので、連結部分をよく動かしてスムーズに動くようにしましょう。

 

ペダルを回して、スムーズに動くことが確認できれば完了です。

スポンサーリンク