スポンサーリンク

ロードバイクの正しい降り方について、ご説明いたします。

 

 

停止するポイントに来る前に、まず左足のクリートを外します。

 

で、止まる準備をして、ブレーキをかけて減速をします。

 

完全に止まる手前で右足をのばして頂くような感じで、腰をサドルから前に持って行ってもらって、左足から着地して完全に止まります。

 

そこから次に、右足を外して安全に降りるという形ですね。

 

 

安全に停止するポイントを2つお伝えいたします。

 

ポイント1:
まず1つ目が、停車する手前で「左足をしっかりとビンディングペダルから外しておく」と言う事がポイントとなります。

 

止まるタイミングのギリギリまで外さないと、万が一止まった時にビンディングが外れてないと、そのままコケる可能性があります。

 

 

ポイント2:
また、降りる時は必ず左足を地面に着地するように習慣づけるようにして下さい。

 

これは、一般道では右側から車が走ってきますので、最悪コケてしまうっていう事を考えた場合に、右では無くて左にコケる方がまだ安全なので、左足を着地して頂きたいなと思います。

 

 

 

では、今回も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク