スポンサーリンク

荒川サイクリングロードは、荒川に整備された自転車道で、河口近くの葛西臨海公園から武蔵丘陵森林公園までの約90kmを走行することができます。

なお、下流側の区間は正確にはサイクリングロードではなく、災害時緊急道路となっていますが、平常時は歩行者や自転車の自由な通行が許可されているため、サイクリングロードの延長として走行することができます。

特に葛西臨海公園から秋ヶ瀬公園内の羽根倉橋までの35kmは道幅が広くなっていますので、ロードバイクでガシガシトレーニングしたい人にも、のんびりサイクリングした人にもおすすめできるコースです。

右岸は、葛西橋から羽根倉橋までがごく一部の区間を除いて舗装されており、 左岸は河口から鹿浜橋までがわずかな区間を除いて舗装されています。

羽根倉橋から上流区間は、道幅はそれほど広くなくなりますが、ロードバイクでも快適に走ることができます。

なお、大芦橋から武蔵丘陵森林公園の区間は、荒川を離れて一般道路の歩道を走ることになりますので、走行には十分に注意して下さい。

荒川サイクリングロード・グーグルマップ

【荒川サイクリングロード上流編その1】

【荒川河川敷道路(葛西臨海公園→羽根倉橋)×1.8倍速】

スポンサーリンク