スポンサーリンク

では、ロードバイクの正しい乗車姿勢について、ご説明いたします。

 

 

自転車はやはり、ペダリングが一番重要になってきますので、「サドルハイト!」、サドルの高さと言うのが非常に重要になります。

 

で、皆さんでセルフチェックできる方法としまして、ビンディングを外して頂いた状態で、カカトをビンディングのシャフトの上に(だいたいで良いので)置いて頂いて、(ペダルを一番下に持って行ったところを下死点と言いますけども)、一番遠いところに持ってきた時に、カカトがペダルについた状態で足がピンと伸びているというのが理想的です。

 

コレが、ペダルから足が浮いてしまっている状態ですと、若干サドルが高すぎるという高さになってしまいます。

 

それから、次に上半身なんですけども、ちょうど胴体から腕にかけての「肩」を支点とした時の「胴体」「肩」「腕」の角度が、80度から90度くらいの角度が理想的なフォームになります。

 

 

その時にブラケットを握って頂いて、若干腕にも余裕があるような感じの姿勢を維持します。

 

コレがですね、手が伸びすぎて余裕が無かったりとか、逆に近過ぎると角度が近すぎて窮屈になってしまいますので、その辺を気を付けてもらいたいなと思います。

 

乗るときも、あまりにも腰を立てすぎて丸くしすぎたり、逆に背中を反らしすぎても非常にペダリングがしにくくなりますし、疲れてくる原因にもなります。

 

自然で楽なフォームで乗って頂くことが理想的ですね!

 

スポンサーリンク