スポンサーリンク

ロードバイクまで本格的じゃなくてもいいけれど、ママチャリよりはお洒落で走りが良い自転車という事で、クロスバイクが人気のようです。

しかしその中身をよく見ると、フロントギアが3段だったり、動きの良くないサスペンションが付いていたりと、街乗りには必要がないと思われるパーツが付いているケースが目立ちます。

販売者が一般のユーザーにアピールするポイントとして、「軽いギアが使えますから、坂道でも楽に上れます」とか「サスペンションが付いていて乗り心地が良いです」などと言葉巧みにセールスしやすくなっているに他なりません。

実際に街中を走ってみると、フロントギアをチェンジする事は殆どありませんし、サスペンションなんて付いていても上手く作動するのは最初のうちだけで、すぐに動きが悪くなって使いものにならなくなってしまいます。

動画に出てくるクロスバイクは、車両価格が約6万円で更に改造費に約6万円強掛けています。

え~!「だったら10万円ぐらいの、もっと良いクロスバイクを買った方がいいんじゃないの?」と思われる方も多いでしょう。

しかし、そこにはまた10万円のクロスバイクに仕掛けられたカラクリが潜んでいるのです。

果たして、車両価格と同額の改造費を掛けてまでチューニングされたクロスバイクは、どのようなバイクに仕上がるのでしょうか?

いつものように、業界に真っ向から挑戦する飯倉氏の思う「街乗りに相応しいクロスバイク」とは、どのようなコンセプトで作られるのでしょうか?

詳細は、本編動画をご覧下さい。

普段乗りクロスバイクの作り方

スポンサーリンク