スポンサーリンク

 

ロードバイク乗車前に行って頂きたい点検ポイントをご説明いたします。

 

 

まず最初に、ハンドル周りです。

 

こちらの確認をして頂きたいんですけれども、ステムを止めているネジがありますけれども、コレが緩んでいないか確認するために、

前輪を足で挟んで止めて頂いて、ハンドルを左右にコジってみて、この時にネジが緩んでいるとハンドルが動いてしまいます。

 

それから、ハンドルバーを止めているネジが4本ついていますが、ここに緩みが無いかどうかをブラケットを握ってブレーキを前後かけて頂くような状態で、上から身体を被せるようにして圧を掛けて頂きます。

 

この時に、もし緩みがあるとハンドルがおじぎをするように動いてしまうと言う事が考えられます。

 

 

それから、ブレーキです。

 

前後のブレーキレバーを握って頂いて、しっかりとブレーキシューがリムに当たっているかどうか、ワイヤーを止めているネジに緩みが無いかどうかを確認して頂きたいのと、ヘッドチューブの上下にベアリングが入っているのですが、そこにガタツキが無いかどうかを確認するために、フロントブレーキだけを握った状態で車体を前後に揺らしてやります

 

その時にガタがあるとヘッドチューブの取り付け部分に遊びが出てきますので、それも確認して下さい。

 

 

次に、ホイール前後なんですが、クイックリリースというもので留まっているんですけれども、ここに緩みが無いかを確認して下さい。

 

最悪走っている時に、クイックが外れてしまうとホイールが外れて転倒してしまうおそれがあります。

クイックレバーを留めるポイントなんですけれども、レバーが真ん中あたりに来た時に抵抗がある感じがベストかな!と言う感じです。

 

それから、乗車前にタイヤの空気圧の確認を必ず行ってください。

 

タイヤにそれぞれ設定の空気圧が数字で書かれていますので、それを参考にしながら、極端に空気圧が下がっていないか確認して下さい。

 

もし、自分では不安な場合は、ショップなどで乗車前点検をしてもらう事をオススメします。

 

 

スポンサーリンク