スポンサーリンク

フレンチバルブの空気の入れ方をご紹介します。

 

 

まず、タイヤの側面に書いてある適正空気圧の範囲をまず確認しましょう。

上限、下限とあるんですけれども、下限にしてしまうとクッション性が高くなるようなかたちですね、転がり抵抗を重視するのであれば上限に空気を入れて行くような方法で空気を入れていくようになります。

 

では、まず最初に(バルブの)この黒いキャップを外します。

次に、先端の小さなネジをゆるめていきます。

で、(ネジの先端)ここを一度押して下さい。
(シュッ!)

 

こういった形で空気が出ますと、ポンプで空気を入れる事ができるようになります。

 

で、これを確認したらば、次に空気を入れていきます。

 

ポンプの先(ノズル先端)はこういった形になっていまして、これ(レバー)が寝ている状態ですね、こうなっている事をまず確認してから(ノズルを)バルブに差し込んでいきます。

 

(バルブ先端の)ネジが細いので、真っ直ぐちゃんと入れるようにしましょう。

で、差し込んだ後に(ノズルの)レバーを起こします。

 

コレで、空気が漏れずにポンピングができるようになります。

 

そこから、必要な範囲内でポンピングをしていきます。

(ポンプのメーターで空気圧を確認)

 

必要分を入れたらば、次は(ノズルの)口を抜きます。

 

先程起こした(ノズルの)レバーを倒しまして、(ノズルの口を)親指で押し出すように、真っ直ぐ抜いてください。

斜めに入れたり、斜めに抜いたりしてしまうと、この細い(バルブの)先端を折ってしまって壊してしまうので、注意をして下さい。

で、ここの(バルブ先端)ネジを締めます。

先程の、黒いキャップも戻します。

 

空気の出し入れをしている際に、ここ(バルブの根本)のナットが緩んでしまったりすることがあるんですけれども、緩んでしまっている場合は軽く指で締めて下さい。

 

あんまりキツく締めすぎたりすると中のチューブを痛めてしまうおそれもあるので、ここも注意して下さい。

 

以上で、完了になります。

 

スポンサーリンク