スポンサーリンク

タイヤ・チューブ交換 HOW TO講座

 

用意する物1):タイヤレバー2本~3本(片側がフック式のものがオススメ)

 

用意する物2):フロアポンプ携帯用ミニポンプでもOK!)

 

 

それでは今回は、タイヤとチューブの交換方法について動画でご紹介していきたいと思います。

まずは、バルブスペーサーとバルブキャップが付いている場合は、このように外して、(バルブの頭を押して)チューブの空気を完全に抜いていきます。

 

そして、空気が完全に抜けましたら、バルブの真反対側からタイヤレバーの爪の部分を使ってタイヤのビードを引っかけて、てこの原理で持ち上げるようにして、(タイヤレバーの)フック部分をスポークに引っかけて固定させます。

 

そして、引っかけたところのすぐ横側から、もう1本のタイヤレバーを使いまして、先程と同じようにビードに引っかけてリムからさらにビードを外して行きます。

 

始めの方は硬いですけれども、徐々に柔らかくなって簡単に外していく事ができます。

 

そして、ある程度外れましたら、このようにタイヤレバーを使って(タイヤレバーを)リムに沿ってスライドさせる事で、スピーディーにタイヤを外す事も可能です。

 

これで片側のビードが外れて、タイヤとチューブも完全にホイルから外せました。

 

 

それでは次に、ホイルにタイヤをはめていきます。

 

ホイルのバルブ穴の位置と、タイヤのロゴの位置を合わせて装着させます。(タイヤロゴとバルブ穴の位置を合わせると、パンクした時にバルブとロゴの位置で、原因を発見しやすくなります)

 

このように、(タイヤをホイルに)片側は簡単にはめる事ができると思います。

 

そして、次にチューブをはめていきます。

 

(ホイルのバルブ穴に、チューブのバルブを通します)

 

始めは、(チューブに)ある程度空気を入れておいた方が、装着しやすいです。

 

だいたい、チューブの折り目がなくなる程度で良いので、軽く空気を入れておきましょう。

 

そして、途中で空気が抜けないように、バルブの弁もしっかり閉じておきます。

 

それでは、ここからチューブをまずタイヤに沿うように(リムに)乗せます。

 

次に、現在は片側のビードとチューブが外に出ている状態ですが、ここからが重要なポイントです。

 

この出ているチューブを、リム(の中に)にはめ込んで行きます。

 

このチューブをリムの中に落とし込む作業をしっかりとやっておかないと、チューブがリムとビードに噛んでしまって、パンク、バーストする危険性が高まりますので、このチューブをリムの中に落とし込む作業をしっかりと行っておいて下さい。

 

これで、片側のビードとチューブがリムの中に入り込んで、片側のビードだけが外に出ている状態になりました。

 

そして、ここから最終的に(出ている)片側のビードをはめ込んで行きます。

 

これも、バルブの反対側から中に入れていきます。

 

最初は簡単に手でハマるかと思いますが、バルブの反対側からバルブに向かってしっかりと下に力強く引っ張りながらタイヤをハメていかないと、最終的に硬くてハメる事ができませんので、しっかりと引っ張りながらこの作業を行ってください。

 

極力手作業ですべてを行った方が理想的ではありますが、どうしても硬くて入らない場合は、最終的にタイヤレバーを使ってこのように(外す時とは反対の要領で)ハメていきます。

 

この時も、(タイヤレバーで)チューブを噛まないように、安全に作業を行ってください。

 

そして、このバルブの部分もチューブを噛みやすいところですので、このように(タイヤの中に押し込んで)バルブを持ち上げて、しっかりチューブが中に入るように、確認作業をしっかりと行ってください。

 

これで、タイヤ・チューブの交換が完了と言いたいところですが、最後にもう一度チューブが全周に渡って噛んでいないか、タイヤのサイドをひねりながら、チューブがリムからはみ出していないか確認作業を全周に渡って確認してみて下さい。

(タイヤをめくるようにネジって、下にチューブが見えていなければOK!)

 

(もし、チューブがタイヤのビード上に乗って見えてしまっている場合は、パンクの原因になりますので注意しましょう)

 

 

で、もしOKであればこのように(バルブトップの弁を開けて)もう一度空気を入れます。

 

空気を入れ終わりましたら、チューブの弁を閉めて、車輪を空中で回転させて、タイヤのサイドのラインが曲がっていないか確認して。

(サイドラインが膨らんでいる箇所があれば要注意!)

 

前からもタイヤの頭がデコボコしていないか確認して、OKであればチューブも噛まずバルブも真っ直ぐに入っているので、コレでタイヤ・チューブの交換が完了になります。

 

 

スポンサーリンク