スポンサーリンク

チェーンの掃除と注油の仕方をご紹介します。

まず当て布を用意して、パーツクリーナーをチェーンの内側にかけるようにしていきます。

 

吹きかけた後は、布でチェーンを丁寧に拭いて行きます。

 

チェーンの内側の汚れがひどい場合は、まずチェーンクリーナーを吹きかけて、その後にブラシで中の汚れをかき出して行きます。

 

汚れをかき出したら、再びパーツクリーナーを吹きかけます。

 

先程と同じように、布で丁寧に拭いて行きます。

 

これを、チェーン1周全て作業を行っていきます。

 

 

パーツクリーナーは攻撃性が高いので、塗装面のフレームの部分やゴム製品のタイヤ、あとはグリスの多く入っているボトムブラケットやハブ軸などにかからないように注意して作業して行きましょう。

 

 

 

続いて注油です!

 

同じく当て布を用意して、リンクの間に1コマ1コマ注油をしていきます。

 

これも、すこしずつズラしながらリンクに注油を行っていきます。

 

これを、1周全部行います。

 

全て注油を終えたら、余分なオイルを布で拭き取って行きます。

 

1周拭き終えたら、クランクを回転させてチェーンにオイルを馴染ませていきます。

 

これで、作業完了です!

 

 

スポンサーリンク